メールでのお問い合わせは
上記アイコンをクリックして
ください
更新日:2013/09/06



 


新予防給付対象になった利用者や要介護状態になった利用者が、可能な限り居宅において、その有する能力に応じて自立した日常生活を営むことが出来るよう、通所介護計画にも基づき、必要な日常生活上のお世話及び機能訓練、各サービスを提供しております。
また、それにより、利用者の生活の助長・社会的孤独感の解消・心身機能の維持向上・家族の身体的精神的な負担の軽減を図ります。
また、デイサービスは利用者のみならず、その家族も援助の対象とすることにより、利用者の居宅での生活の安定を図り、QOLの向上を目指しております。

@生活指導

利用者の日常生活にわたる助言、指導及び相談援助を行います。また、ご家族との連絡調整を図るため、連絡帳を使用している。
居宅での状況・苑での状況をお互いに共有することで、サービスの質を向上しております。


A健康管理

看護職員によるバイタルチェックのほか、予防介護に努めるよう指導・助言を行います。


B日常生活訓練

機能訓練、作業療法・グループワーク(レクリエーション)・歌体操を通じ、利用者の日常生活動作(ADL)の維持向上、心の若返り、生きがいを持った生活を営めるような支援を行います。


C送迎

利用者のADLを考慮し、車椅子のまま乗り降りできるリフト付送迎車や軽自動車を使用し、利用者に負担のかからない送迎を実施しております。また、運転に関しては、交通ルールを遵守し安全運転を心掛けております。


D食事サービス

からまつ苑管理栄養士と連携し、季節を感じる行事食や高齢者の健康を考えた食事を提供いたします。また、一人ひとりの既往症に合った調理方法での食事を提供いたします。
また、提供に際しては、残存機能を考慮した見守りと介助を実施しております。
食事内容に関しては、連絡帳により事前に献立表をご家族に報告しています。


E入浴サービス


利用者のADLに合わせた浴槽での入浴を促します。(一般浴・チェア浴・特浴)洗髪・洗身に関しても、利用者のADLにあわせ、その利用者が有する残存機能を考慮した援助を行います。また、安全面を考慮した見守りを行っております。


F苦情・相談窓口の設置


利用者・家族・地域からのサービスに関する相談や苦情などを受け付ける窓口を設置し、サービスの質の向上を図ります。


G機関誌(なかま)の発行


デイサービスでの生活・行事などを、利用者やその家族・地域の方々に理解して頂くため、月刊誌を発行します。内容は、誕生者や利用者が作成した作品の紹介、看護職員からの健康アドバイスです。また、月間の予定(翌月分)等も掲載しております。


Hボランティア・介護体験(実習生)の受け入れ


ボランティアビューローの支援により、書道・散髪・楽器演奏・利用者とのふれあいなどの協力を得、利用者支援の一端を担って頂く。また、受け入れにより、地域との関係を構築していきます。
●お問い合わせ・連絡先
からまつ苑デイサービスセンター TEL06−6922−8866
〒534-0027大阪市都島区中野町5丁目10-70